口腔がんの早期発見のために

口腔癌の治療成績は欧米では向上しているにもかかわらず、日本では生存率を含め治療成績が向上していません。その原因は、早期に発見する率の低さであると考えられています。

口腔癌や、前癌病変の発見は、最も口の中を見る機会が多い歯科医師の重要な責務であると考えます。しかし、一方で、口腔粘膜病変の診断は難しく、一般の歯科医の再教育とともに簡便なツールの開発が望まれます。

欧米において、口腔癌の早期発見に有用性が報告されているVEL scopeについて説明いたします。

VEL scopeによる観察では、専用のハンドピースを用いて患者の口腔内に400~460nmの青色の可視光線を照射し、フィルター越しに病変を観察します。正常組織では黄緑色の蛍光を発し、口腔粘膜病変など異常組織では蛍光色を示さないことから病変部が黒く観察され、正常組織と病変を識別することが可能となります。

すなわち、上皮正常細胞では励起光に反応し、蛍光を発しますが、異型性をもつ細胞、あるいは腫瘍細胞では、細胞外基質などのコラーゲンが破壊されているような領域では細胞が蛍光を発することなく励起光を吸収し、黒く観察されるのです。

VEL scopeの利点として、侵襲がないこと、検査時間が数分と短時間で済むこと、取り扱いに特別な技術を必要としないこと、患者や術者の姿勢が制限されることがない事などがあげられ、容易に口腔内を観察する事が可能であり、前がん病変や口腔がんの検診に有効であると思われます。

症例

Case1.舌扁平上皮癌

Case2.頬粘膜扁平上皮癌

Case3.歯肉扁平上皮癌

Case4.歯肉~頬粘膜 前がん病変

東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニックへの受診相談のお申込