癌ができるまで

がんはどうやってできるか?

日本では年間約7,000人が口腔がんに罹患します。30年前の統計と比較してみると、約3倍に増加しています。このままの増加率でいけば、10年後には今の1.5倍となり、1万2千人以上が口腔がんに罹患すると予測されます。罹患率の増加も含めて、最近の傾向は喜ばしいものではありません。

 

アメリカやイギリスなどの他の先進国では国を挙げてがん対策に取り組んでいます。その結果、罹患率は高いのですが、アメリカの口腔癌の死亡者数は、最近の97年から5年間で、約1,200人以上という急激な減少がみられますし、イギリス、フランス、イタリアといった他の先進国の口腔・咽頭癌の死亡率をみても、アメリカと同様に減少傾向を示しています。

 

ところが日本では、死亡率・罹患率ともに右肩上がりが続いていて、現在は毎年約7000人が口腔がんにかかり、亡くなる人も3000人を超えています。日本のみが逆行し、取り残されているのです。

 

なぜ日本だけ、口腔がんによりなくなる方が増え続けているのか

なぜ日本だけ、口腔がんによりなくなる方が増え続けているのかアメリカを含めた先進国では、口腔がんによる死亡率が減少しているのでしょうか?
その理由は、国を挙げての積極的な口腔がん対策による早期発見、早期治療のあげられるとおもわれます。特に各基幹施設や基幹病院が中心となって、国民の口の中を一番見るであろう歯科医師を教育し啓発する体制ができていることが大きいと思います。

国民に口の中にもがんができることを知ってもらい、口腔がん検診などを広く普及させ、口腔がんにならないようにすること、口腔がんの検診システムを構築することが、口腔がんで死亡する人を少なくすることに重要と思います。

高齢になるほど増える口腔がん

高齢になるほど増える口腔がん日本における口腔がんの年齢的な特徴は、年齢別では、70歳代が一番多く29.1%、60歳代26.5%、50歳代が18.1%となり、50歳以上が約80%を占めています。性別では、男性は59.1%、女性は40.9%で、約3:2で男性に多くみられます(2002年度の統計)。

高齢化社会を迎えた日本では、超高齢者の口腔がん患者が、さらに増加すると予想されます。

口腔がんはどこにできるのか?

日本における口腔がんの部位別の頻度は、舌が最も高く全口腔がんの約40%を占めています。次いで多いのは、下顎歯肉(下あごの歯茎)20.3%、上顎歯肉(上あどの歯茎)12.0%となり、頬粘膜(ほっぺたの粘膜)10.3%、口底(舌と下のあごの歯茎の間)9.2%、上顎洞(上あごの上にある空洞)および口蓋癌(口の天井部分)の順です。

東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニックへの受診相談のお申込