腫瘍とは

腫瘍とは

腫瘍(しゅよう、tumor)とは、組織、細胞が生体内の制御に従わず自律的に過剰に増殖することによってできる組織の塊(かたまり)のことです。病理学的には、新生物(しんせいぶつ、neoplasm)と同義に使います。腫瘍には良性と悪性があり、悪性腫瘍は「がん」と呼ばれ、一般に発育が早く、周囲に浸潤性に増殖し、また遠隔臓器に転移します。

良性腫瘍:ゆっくりと成長し、一定の大きさになると成長が止まります。局所にとどまり、浸潤や転移をしません。いぼやポリープなどが含まれ、手術によって完全に切除すれば再発しません。ただし、この良性腫瘍から悪性化することもあります。

悪性腫瘍:いわゆる癌(がん)です。別名、悪性腫瘍(あくせいしゅよう)、悪性新生物(あくせいしんせいぶつ)とも言います。

体の中にできる「できもの」です。正常な細胞もがん細胞も細胞分裂を繰り返します。ただ、正常な細胞は、ある段階まで来ると細胞分裂をしなくなり、役割を果たして死滅していきますが、がん細胞は無限に増殖します。

がん細胞は、異常に増殖して周辺の組織を壊し、増えるに従って①発生した臓器の周囲の臓器に入り込みます。また、②血管やリンパ管という体中をめぐっている管に入りこみ、遠くのほとんどの臓器にも拡がり、そこを破壊します。そして、宿主(がんができた本人)が死ぬまで増殖をやめません。

一般に「がん」は悪性腫瘍全体を示す言葉で、癌腫(がんしゅ carcinoma)は上皮性悪性腫瘍を、また肉腫(にくしゅ sarcoma)は非上皮性悪性腫瘍を意味しています。上皮とは組織学的に基底細胞層より上層で体表面を構成する組織で、非上皮とは、この基底細胞層より下層の体深部を構成する組織を指します。

東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニックへの受診相談のお申込